腰痛持ちにはマットレスは硬めと柔らかめのどちらが適している?

オススメアイテム
スポンサーリンク
PTグッチ
PTグッチ

マットレスによって寝心地というものは全然変わってきますよね。しっかり眠るにはしっかりしたマットレスを選ぶのが重要です。

どうも!PTグッチです。

今回はマットレスのお話。「寝て起きたら腰が痛い」「腰が痛くて安眠できない」などのお悩みありませんか?良い環境で眠ることができれば日ごろのストレスをかなり軽減できると思われます。

何といっても1日24時間の内約3分の1は寝ている時間ですからね。実際にはもっと忙しく睡眠時間が短いのが現状ですが、そうなると余計に睡眠時間と環境は重要ですね。

寝ている時でも腰が痛いと休まっている感じがしませんよね。腰痛持ちにはマットレスは固い方がいいのか柔らかいものがいいのかについて理学療法士としての視点でお話させていただきます。

腰痛持ちさんが選ぶべきマットレスについて

マットレスを選ぶ上でポイントとなるのが【体圧の分散ができるかどうか】です。

身体の表面から触れられる骨の突起があるんですが(腰骨や背骨など)寝た時にもちろん、マットレスに当たります。

身体で一番重い部分は骨盤帯(腰回り)です。その他にも沈み込みがあるのでしっかりとマットレスが受け止めてくれるものの方が良いと考えます。

寝た(睡眠)後腰が痛いという経験は腰痛持ちさんにはあるあるだと思いますが、あれは寝ている間に筋肉が緩み重力で引っ張られた(ストレッチの)影響です。

だからこそ、マットレスは硬い方がいいと思いますよ。

スポンサーリンク

腰痛を予防するための2つのポイント

良いマットレスを使うというのはオススメの腰痛対策や睡眠不足(睡眠の質を上げる)の解消の基本ではあるのですが、寝姿勢も重要だという事も知っておいて損はないと思います。

ポイントは寝姿勢と寝方(寝る時の動作)です。

寝姿勢とは睡眠に入る時の姿勢の事。寝方は寝る向きの事として考えてみてください。

ポイント1.腰が痛い場合の寝姿勢は横向きがオススメ

上記の図を見てもらうと分かりやすいのですが、腰の部分が大きくへこんでいますよね。

見ての通り骨盤がマットレスに食い込んでいる(腰に負担がかかっている)状態になっていますよね。

この状態が長時間続くとやっぱり腰痛は強くなってしまいます。

理想は適度な寝返りが打たれて(体圧を自然と分散して)いることなんですが、寝ている時の姿勢や状態なんて分かりませんよね(笑)

また、寝てるときは全身の筋肉が緩みがちになるのでいびきなんかも仰向けだと舌の周りの筋肉が垂れ下がって気道を塞ぎ、いぎびの原因にもなるということもあるので横向きが理想です。

横向きになれば足の角度が変わるだけでも骨盤にかかる負担や角度が違ったり、スムーズに寝返りが打ちやすくなるので(いびきの場合は舌が気道を塞ぐという事も防止できますしね)腰痛の悪化を多少予防することができると思います。

ポイント2.寝る際の動作についてのススメ

寝る時の動作ですが、あなたはどうやって横になっていますか?寝る姿勢も横向きが仰向けよりも腰痛を起こしにくいと思います。

現場で患者さんを見ていて思うのは「みんな腰が痛そうなのに腰が痛くなりような寝方をするなあ」と感じます。観察していると以下のようなパターンがほとんど。

  1. ベッドに座って
  2. 足をベッドの上にあげて(手をついて)
  3. 腰を支点に回って
  4. 横になる

なんてことしていませんか?

これでは余計に腰を痛くしそうです。なぜなら「腰を支点にして回っている」という点です。足を上げる時点で腰を捻っているので腰痛が発生しやすい状態になってしまいます。

腰を大事にするのなら以下の動作がオススメ。

  1. ベッドに座って
  2. 手・肘・肩の順で横になる
  3. 腰が痛くならないようにゆっくり寝れたら(横向き)
  4. 足をベッドに乗せて
  5. 完了(横向き)
文字情報だけだと分かりにくいと思うので、動画を撮る予定です。公開までお待ちください。

また、起き上がる時はこの逆です。

腕を支えにしてゆっくり起き上がれば急な動作で腰が痛むなんてことも減ると思います。

起きる前に腰を軽く動かすというのもオススメですよ。

  • 両膝を立てた状態で横に倒す
  • 軽くブリッジして腰椎を動かす(股関節の延びる動きも)
  • 両足を伸ばした状態でつま先を左右に倒す(股関節を内外に開く。内外旋)
  • 両膝を両手で抱える(股関節を動かす)

マットレスは硬い方がオススメ

あくまで個人的な見解ですが、マットレスは硬い方をオススメします

理由は身体の重い部分が寝ている時には力が抜け、重力によってずっと下に押されてしまうため。もちろん寝ている時は感じないのですが関節や筋肉が寝ている間中伸ば(ストレッチ)されてしまいます。

柔らかい方が沈み込みがあって身体をホールドしてくれるかもしれませんが、その分同じ姿勢(寝返りが打てない)になってしまうのであまり好ましくないと思っています。

他の記事でも書いていますが、デスクワーク・在宅ワークなどでは同じ姿勢で作業し続けることが多いですよね?その結果を考えてみて欲しいんです。

動かずに同じ姿勢を取り続けるとどうなるか…その結果、肩こりや腰痛などの不調を感じた…なんてことがあるのではないかと思うんですよね。

寝返りも体圧の分散や血行促進という意味合いでは良いと思うので、硬めの方がそれらの動きが出やすいと思います。

スポンサーリンク

PTグッチオススメのマットレス

腰痛持ちさんが使用するオススメのマットレスの条件として挙げているのが

  • 体圧の分散ができる
  • ある程度の硬さがある
  • 通気性
  • 保温性
  • 寝返りがしやすい

という点です。

寝返りがしやすいような適度な硬さがあり、毎日体重が乗ってもへこたれない強さがあって体圧(骨盤や腰椎をしっかり受け止めてくれる)分散がされやすいので寝ている時のダメージを抑え、快適な眠りへと誘ってくれることでしょう。

これらを満たしているのがこちらの商品でした。商品紹介ページ内でも僕と同じような職業の整体の先生がオススメしているので安心して使えるのではないでしょうか。

↓↓下記バナーはクリックできます↓↓


【13層やすらぎマットレス】

デメリットとしては設置の際に重みと厚みがあるので持ち運び(模様替えなどの際の移動)しにくいというのが難点ではありますが、一度設置してしまえば問題はないので業者さんに配送してもらう分には大丈夫ですね。

60日間返金保証が付いているので安心です!!

「腰痛のない快適な睡眠には良い寝具(マットレス)が重要」とは言っても、簡単に買えるものでもないことは事実です。

良いものはそれなりの値段もしますし、中々簡単には購入に踏み切れないですよね。

しかしながら、こちらの商品は返金保証が60日間も付いているので、お試しができるというのが強みです。

通常マットレスを選ぶ時って展示されているお店に行って寝てみて…を展示分行う必要があります。実際に寝てみないと寝心地なんて分かりませんからね。

でも、自宅とは違った環境で確かめるので身体も緊張しているし、なにより長い時間試せないということがネック。実際に寝てみないといいか悪いかなんて分かるハズもありません。

一番困るのが使ってみたけど思ったような使い心地ではない(使ってみないと分からない)というところ。既存の商品で困るのはお試しができないという部分ではないでしょうか?
PTグッチ
PTグッチ

それを60日間の返金保証がついているおかげで実際に使ってみるという事が自宅の環境で試せるのが魅力だと思います。

返す場合は返送料だけはかかりますが、買ったはいいけど合わなかったなんてことになった方が大変です。快適な睡眠のため検討してみてくださいね。

腰痛持ちさんにオススメな体操・運動について

「腰痛体操」と言われる体操があるのでこちらの動画を参考にしてみてくださいね。

動画内でも書いていますが、無理せずにゆっくり優しく行ってください。
理学療法士が教える痛くならない簡単な腰痛(予防)体操の方法。横になって行う方法

まとめ

今回は腰痛持ちさんがマットレスを選ぶなら硬い方か柔らかい方どちらがいいのか?について紹介してきました。

個人的には硬い方をオススメしているので、腰痛で寝れない、起きたら腰が痛いなどでお悩みの場合は寝具を変えることも検討してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
オススメアイテム健康増進法
physical-t.guttiをフォローする
☆このブログを書いている人☆

初めまして!経験年数18年の現役理学療法士(PT)のグッチです。

このブログではデスクワーク・在宅ワークで肩こりや腰痛などに悩んでいるあなたのために理学療法士としての視点と知識でセルフメンテナンスをして不調や体調の改善を目指していただくブログです。

詳しいプロフィールはこちらから。

分からないこと、日々の運動や不調で疑問に思っていることなどメッセージいただければお答えできる範囲でお答えします(身体のことなので必ず解消できるわけではないことをご了承くださいね)。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

メルマガでしか入手できない情報をコッソリお伝え!
今だけ限定【五十肩・四十肩の改善方法と一部の理学療法士しか知らない身体の秘密】についてのレポートをゲットしよう

下記クリックでメルマガ登録ページに飛びます。プレゼントに関してはメルマガ登録後自動返信メールでお届けします。
メルマガではあなたとの距離を近くして健康を向上するためのより濃い情報をお届けします。

Twitterフォロー大募集中☆
Twitterでもつぶやいています

普段疑問に思っている身体のこと、どうやって対処したらいいかなどTwitterから気軽に質問してみませんか?
理学療法士歴18年のPTグッチがお答えします。

理学療法士(PT)が教えるデスクワークの不調・体調改善のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました