腰痛の人にオススメするマットレスを選ぶポイントは体圧分散

不調改善のためのオススメアイテム
スポンサーリンク
PTグッチ
PTグッチ

腰痛になると何もしたくなくなりますよね。ぎっくり腰の経験があるPTグッチです。

腰痛は様々な原因で起こる分長期化したり、治りにくいのが特徴です。

しかしそんな状態でも仕事をしなくてはいけなかったり、プライベートでの用事などをこなしたりして中々休める状態になくてどうすればいか困っている人も多いのではないでしょうか?

腰痛を改善するための最大のポイントは「しっかり安静を取れるかどうか」です。

これは何も腰痛だけに限ったことではなく肩こりや疲労に関しても同じ。寝ている際に腰がしっかり休める環境を設定できるかはかなり大きなポイントです。

そこで、今回は腰痛の人が睡眠時にしっかり休める、使うべきポイントを備えたマットレスを紹介しようと思います。

この記事を見ることで自分に合ったマットレスを選ぶことができるようになります
  • 腰痛で困っている人
  • 睡眠の質を上げたい人
  • 腰痛を軽減・改善したい人
  • 多少高くても寝具の重要性を感じている人

にオススメです。

設置時の注意点などのレビュー・口コミはイウォーヌマットレスの購入口コミレビュー。実際の梱包と届いた装丁と問題点で書いているので、そちらも併せてどうぞ。

理学療法士が考える腰痛の人オススメするマットレスの条件

こちらは内部のクッションです

個人的には腰痛持ちにはマットレスは硬めと柔らかめのどちらが適している?理学療法士が答えますでも書きましたが、いくつか選ぶのにポイントがあります。

そのポイントは以下

  • 硬めのマットレス
  • 体圧分散がしやすい

というのがあります。

硬めのマットレス

まずはマットレスが硬めがいいという事。

その理由は睡眠時の姿勢と状態にあります。

寝ている時は無防備で筋肉も関節も緩んでいます。つまり、重力で常にストレッチされている状態。下支えがないとずーっと重力方向に引っ張られていることになります。

そのため、下の支えてくれるマットレスは硬い方が腰椎や骨盤をしっかり支えてくれ、沈み込みを防ぐことで睡眠時の腰痛悪化を予防してくれると考えます。

体圧分散がしやすい

次に人体で一番重いのは骨盤です。頭蓋骨って話もありますが、骨盤は寛骨・仙骨という大きな骨や内臓も一緒になっているので比較にならないくらい重たいです。

その重たい部位が睡眠中点で支えられているので、一か所にかかる負担が大きいです。

なので、マットレスが効率よく体圧を分散してくれることで負担の一極集中を防いでくれます。

頬杖ついてテレビを見ていたら肘から先がしびれたなんて経験あると思いますが、睡眠時はその状態が骨盤に起きているので朝起きぬけにしびれや腰痛が強く感じるという一因でもあります。

これらの条件を満たしているのが。寝心地が選べる!【IWONU(イウォーヌ)マットレス】

下記バナーはクリックできます。

でも、マットレス選ぶのに決め手がないしどれを選べばいいか分からないってことありませんか?

腰痛で困ることの第一位が寝ている時に腰が痛いことと起き抜けに腰痛が発生しやすいことです。

安いマットレスを選ぶとそれはそれで使えるのですが、肝心のマットレスの耐久性だったり、体圧分散力が弱いと沈み込みなどで腰痛を悪化させてしまいかねません。

で、あるならそれなりのものを選ぶのが結果的に一番失敗のない選択だと言えます。

スポンサーリンク

【PR】マットレスのクッションを自分好みに組み換えできるIWONU(イウォーヌ)がオススメ

上記のオススメポイントを踏まえて今回のオススメしたいマットレスを紹介します。

オススメポイントは以下の3つ
  1. 腰の部分だけブロックを交換できる
  2. 自分に合った硬さを選べる
  3. ヘタリを防ぐためにローテーション可能

今までのマットレスって中のクッションが固定化されているのが通常でした。

しかしながら、高反発と低反発のいいとこどり構造!【IWONU(イウォーヌ)マットレス】は説明にある通り、6つのブロックに分割でき、3層構造の硬さの異なるクッション(表と裏でソフト・ハード)で自分好みの状態にカスタマイズできるというもの(ダブルとクイーンが6分割)。

組み換えしている動画はこちら

PTグッチ
PTグッチ

つまり、腰に当たる部分を自分の状態がいいと思える固さに調節可能ということです!

これにより、腰の当たる部分だけがヘタったり痛んでしまって骨盤を支えたり、体圧を分散できなくなってしまいマットレスの機能を発揮できなくなるという事態を避けられるという事。

また、ソフト面とハード面を入れ替えられるので、僕が「マットレスは硬めがオススメですよ」と言ってもあなたの腰の状態は違うかもしれません。

そんな時にも自分に合った硬さに調節できるんです。これマジで画期的だと思います。

僕が購入したタイプはダブルサイズです。

6つのブロックに分かれているので腰に当たる部分は2つ。妻と一緒に寝ているので仕事で僕が腰痛になった時でも妻と僕の腰に当たるブロックを交換(僕硬め・妻ソフト)することも容易です。

今までだったら腰の部分だけ固いマットレスというのもありましたが、入れ替えができるのでとてもスマートです。

また、腰の部分のヘタリがどうしても今までに気になっている部分です。

常に体重が乗っている部分は端ではなく真ん中。上下を逆転させても同じ部分なんですよね。

だからこそ、ブロックの入れ替えができるってめちゃくちゃ画期的ですね。これによりマットレスの寿命も長く使えそうです。

気になったらぜひ以下のバナーをクリックして詳細を確認して見て下さい。

何と!お得な120日間トライアルも実施しています

大型家電なんかもそうですが、「実際に使ってみないと分からない」ことがとても多いのがマットレス選びの最大の難点ですよね。

物も大きいし、一度試しに使ってみれたら…と思ったことありませんか?

それができるんですよ。その期間何と120日間(4か月)!!ここまで使って自分に合う合わないが分からないわけないですよね?(笑)

120日トライアルの流れ

  1. 希望のサイズを選んでオンラインで注文
  2. 商品が届く
  3. 120日のトライアルがスタート(最低14日間の試用が必要)
  4. 満足できなかった場合でも120日以内であれば返品が可能です

使用規定とアンケートに答えることが条件なので、下記より確認してみて下さいね。

120日トライアル実施中!【IWONU(イウォーヌ)マットレス】

まとめ

腰痛にオススメなマットレスの条件を理学療法士視点でご紹介しました。

人生の三分の一は寝ている時間です。ともすれば起きている時よりも自身の身体の自由が制限された状態なので、寝具の選び方はとても需要ではないかと考えます。

今腰痛で苦しんでる人も、予備軍の人も良いマットレスを選ぶことで予防・改善できるので今回紹介したアイテムを使用することをオススメします。

スポンサーリンク
不調改善のためのオススメアイテム
physical-t.guttiをフォローする
☆このブログを書いている人☆

初めまして!経験年数18年の現役理学療法士(PT)のグッチです。

このブログではデスクワーク・在宅ワークで肩こりや腰痛などに悩んでいるあなたのために理学療法士としての視点と知識でセルフメンテナンスをして不調や体調の改善を目指していただくブログです。

詳しいプロフィールはこちらから。

分からないこと、日々の運動や不調で疑問に思っていることなどメッセージいただければお答えできる範囲でお答えします(身体のことなので必ず解消できるわけではないことをご了承くださいね)。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

メルマガでしか入手できない情報をコッソリお伝え!
今だけ限定【五十肩・四十肩の改善方法と一部の理学療法士しか知らない身体の秘密】についてのレポートをゲットしよう

下記クリックでメルマガ登録ページに飛びます。プレゼントに関してはメルマガ登録後自動返信メールでお届けします。
メルマガではあなたとの距離を近くして健康を向上するためのより濃い情報をお届けします。

Twitterフォロー大募集中☆
Twitterでもつぶやいています

普段疑問に思っている身体のこと、どうやって対処したらいいかなどTwitterから気軽に質問してみませんか?
理学療法士歴18年のPTグッチがお答えします。

理学療法士(PT)が教えるデスクワークの不調・体調改善のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました