肩こりにマッサージガンは逆効果?理学療法士がオススメしない4つの理由

不調改善のためのオススメアイテム
スポンサーリンク
PTグッチ
PTグッチ

人に肩を揉まれると痛みを感じてしまうPTグッチです。

Twitterなどを見ていると肩こりに悩んでいる人がマッサージガンを購入したり、良いと言っている投稿をよく見ます。

個人的には展示品で試してみたところ手に当てただけで痛みを感じてしまってあまりいい印象を受けなかったので、逆効果にならないようにオススメしない理由をお伝えします。

きっと僕のようにマッサージされると痛みを感じたり、強い刺激に身体がついていかない人も多いはず。

マッサージガンを買おうと思っている人のお役に立てればと思います。

この記事を読んで欲しい人
  • マッサージガンを購入しようと思っている人
  • マッサージすると筋肉が痛い人
  • 五十肩の人
  • 皮膚や肌が弱い人

マッサージガンをオススメしない4つの理由

基本的に僕はセルフケアなどでマッサージやストレッチをする際に患者さんにお伝えしているのが「とにかくやり過ぎないでください」ということを口酸っぱく言っています。

ここでいう「やり過ぎ」というのは揉み返しや、急激な刺激を与えて悪化させてしまう場合の事です。僕が指導する圧ではみなさん物足りないと言われますが、身体へのダメージを最小限にして改善を目指すにはとても重要だと思っています。

さて、マッサージガンというくらいなので、結構強い刺激で筋肉を揉みほぐすというのが目的のアイテムです。下記画像はクリックできます。

見た目に強そうじゃないですか(笑)

僕が危惧しているオススメしない理由は

  • 筋肉を傷める恐れがある
  • 皮下出血の要因になる
  • 炎症が病態の場合は悪化させる恐れがある
  • 刺激で身体が固くなる(鈍化)

です。

以前僕の母がマッサージチェアを長い時間使っていたんですが、「最近何だか調子が悪い」と言っていたので、僕は「マッサージチェア使うの止めたら良くなるよ」と答えました。もちろん理由は「揉み過ぎになるから」。その後止めたら嘘のようにピタッと不調が止まりました。
上記のように知らず知らずの内に自分で身体を痛める原因を作っているかもしれませんよ?
スポンサーリンク

理由1.筋肉を傷める恐れがある

肩こりでマッサージをして揉み返しを経験したことのある人は多いと思います。

強すぎる力でマッサージやストレッチをすると改善どころか逆効果になることってかなり多いです(これを僕は二次障害と呼んでいます)。

ましてや機械を使うので刺激が強すぎて筋肉を傷める恐れがあるのではないかと思います。

強くすればするほど効果があるし、気持ちいい!または、ちょっとくらい我慢したほうが効果があると勘違いしている人もいますが、全く違います。完全に逆効果です。「痛いと感じたらそれはおかしい」んです!理由はこちらの動画でもお話しています。

また、マッサージしても治らない!肩こりや腰痛でお悩みのあなたに理学療法士が教える改善方法でも書いてあるように筋肉を傷めるほどマッサージしても意味はないどころか、逆に悪化させてしまう場合もあります。

理由2.皮下出血の要因になる

筋肉の前に皮膚などの軟部組織が直接刺激を受けることになります。

皮膚の弱い人や皮下出血を起こしやすい人は強い刺激により青アザができたりすることが。治す・改善させる目的で使っているのに、逆に痛むようになっては本末転倒ですよね。

理由3.炎症が病態の場合は悪化させる恐れがある

五十肩・四十肩のように炎症が主体の場合は刺激により炎症が悪化します。

すると身体を守ろうとしてますます筋肉が固くなってしまうのと、治癒が遅れてしまいます。

ただの肩こりから悪化して五十肩・四十肩に発展してしまわないようにしたいですね。

五十肩・四十肩については五十肩はマッサージで悪化する?理学療法士が教える病態と改善方法に詳しく書いているので読んでみてください。

理由4.刺激で身体が固くなる(鈍化)

よく例えにするのが便秘薬と腸の蠕動(ぜんどう)運動です。

便秘薬って基本的には腸を刺激して排便を促すものです。そして、薬には必ず耐性と言って「慣れ」が起こります。

同じ薬では徐々に効きにくくなってしまうという現象が起こります。そうするとより強い刺激でないと腸が反応しなくなり便秘薬を飲んでも排便できなくなります。

身体の筋肉がゴリゴリになっている原因が実は身体を刺激から守ろうとしている反応です(こちらの要因がほとんど)のでできるだけ強い刺激のものにしない方が身体には楽です。

また、筋肉が固くなっているのは「身体を守るための反応」であることも。詳しくはストレッチは効果なし?ストレスを与えると身体が固くなる理由は防御収縮で確認してください。
スポンサーリンク

そうは言っても身体がガチガチだからほぐしたい!

というのがほとんどの人の本音だと思います。

そういう場合はカラダファクトリーで身体を整えてもらってください。

ガチガチにこっている場合はまずは人の手である程度揉みほぐしてもらうことが肝要です。ストレッチで対処しようとしてもスパズムのように押しても伸ばしても痛くなる状態ではかえって身体を痛める可能性の方が大きいです。

セルフケアで改善を目指したいなら是非僕を頼ってください

目先の改善を目指したい人は前項で紹介した整体に行くのが一番手っとり早いのですが、僕の情報に触れた人はせっかくのご縁なので覚えておいて欲しいことがあります。それは、

整体やマッサージに行ったからと言って思ったような改善に至らない人も多いということ。

その理由についてはマッサージしても治らない!肩こりや腰痛でお悩みのあなたに理学療法士が教える改善方法で別途詳しく解説しているので、そちらを読んでください。

ココナラでサービスを受けてくれる人が増えたのは上記の問題点にいち早く気づいた人たちでしたね。

セルフケアは健康維持と同じで継続することに意味がある

車だって、家だってできてからずーっと使い続けてメンテナンスもせずにいつまでも新品同様ではないですよね。

もちろんそれは身体(筋肉・関節)も同様。

必要以上に負荷がかかればダメージだって受けるし、強い刺激に晒され続ければダメージも蓄積します。

肝心なのは「違和感の感じ始めからケアができること」だと僕は考えています。だからこそセルフケアの方法を知っている、実践できることがとても重要。

大抵整体やマッサージに行く時ってどんなときか想像してみてください。

きっと「身体が限界でどうにかして欲しい」レベルでないと行かないですよね?

治療者側としてはなるべくそうなる前に来て欲しいと思いますが、確かにギリギリにならないと行かないですよね。ただ、その状態からのリカバリーとなると相応の時間と手間が必ずかかるという事も忘れないでくださいね。

整体やマッサージに行っても思ったように改善しない本当の理由

僕が考える「改善しない理由」はとってもシンプル。

原因にアプローチできていないから。

整体やマッサージの場合「気持ち良さ」がウリではありますが、それでは改善しないケースが多いのです。

ストレッチしても治らない!肩こりや腰痛でお悩みのあなたに理学療法士が教える改善方法でも書いていますが、「気持ちいい」のと「改善する」のはまた別物です。

僕が提供するサービスはあなたの動きを直接見て原因を特定し運動とセルフケアの方法を実際に運動しながらあなた専用にカスタマイズするため、改善効果が高いのです。

スポンサーリンク

あなた専用のセルフケアの方法を知って改善したいならこちらから

僕のココナラで提供しているサービス(リモート)は以下のような特徴があります。

  • 理学療法士の僕があなたの動きを直接見て確認・評価を行う
  • 画面越しに直接質問をしてあなたが気づかなかった問題点を指摘
  • あなたに合った専用の改善プログラムをご提供
  • 実際に運動していただいてそこで起こったことについてもフィードバック(アドバイス)を行う
実際の僕のサービスを受けてくれた人は「オーダーメイド整体」ですね!って絶賛してくれました。今のところ100%身体が軽くなるという意見をいただいています。

興味が湧いた方はまずはココナラの受講者のコメントを見るところから始めてみませんか?

姿勢や動作を見ながら肩こり改善の運動を指導します ビデオチャットであなたの肩こりの原因を動作を見ながら改善

対面・顔出しは恥ずかしい、まずは自分でセルフケアの方法をやってみたい場合はこちら

上記のサービスはリモートではありますが、顔を突き合わせての施術となります。

「リモートとはいえ対面はちょっと…」とか「まずは知識を仕入れて自分でやってみたい」というご意見も聞いています。

そういった方のためにテキスト(専用サイトもあります)版をご用意しています。

それが「肩こり改善マニュアル」です(こちらは直接購入できるリンクです)。

  • 全54ページ(専用ページあり)
  • 動画解説付き
  • 専用メルマガ(購入者限定)付き
  • 何をするのか忘れても安心!スケジュール表付き(Googleスプレッドシート)
理学療法士の知識と経験を詰め込んで作成したマニュアルになっているので、僕が実際に治療する時に患者さんに伝えている身体の知識についても余すことなく書いています。

こちらのマニュアルを参考にセルフケアしていただくだけでも整体やマッサージに通っても改善しなかった不調を改善できる可能性が高まります。

商品紹介ページはこちら

マッサージやストレッチ以外の対処法も組み合わせるのがオススメ

僕ら理学療法士は複数の手法を用いて患者さんの不調を改善させていきます。

原因だって複数あるのだから、アプローチの方法もいくつもあってもいいじゃないですか。

ちなみによくやるのは温熱療法×マッサージ×ストレッチ(柔軟)ですね。

ということで、

自宅で行うセルフケアでは身体を温めて緊張を緩めるために入浴がオススメです。また、その際には身体の奥まで温熱が届くような入浴剤を使うのもオススメです。

まとめ

僕がマッサージガンをあまりオススメしたくない理由についてお伝えしてきました。

東洋医学と西洋医学の関係性のように局所へのアプローチではなく全体のバランスを見た改善の方が長期的に見て身体を改善できるというのが僕の考え方です。

強すぎる刺激に慣れてしまうと弱い刺激では身体が反応しなくなります。薬やスリル、ゲームと同じようなものですね、次へ次へと強いものを求め耐性が付いてしまうという。

そうならないようにアプローチしていただければ幸いです。

スポンサーリンク
不調改善のためのオススメアイテム
physical-t.guttiをフォローする
☆このブログを書いている人☆

初めまして!経験年数18年の現役理学療法士(PT)のグッチです。

このブログではデスクワーク・在宅ワークで肩こりや腰痛などに悩んでいるあなたのために理学療法士としての視点と知識でセルフメンテナンスをして不調や体調の改善を目指していただくブログです。

詳しいプロフィールはこちらから。

分からないこと、日々の運動や不調で疑問に思っていることなどメッセージいただければお答えできる範囲でお答えします(身体のことなので必ず解消できるわけではないことをご了承くださいね)。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

メルマガでしか入手できない情報をコッソリお伝え!
今だけ限定【五十肩・四十肩の改善方法と一部の理学療法士しか知らない身体の秘密】についてのレポートをゲットしよう

下記クリックでメルマガ登録ページに飛びます。プレゼントに関してはメルマガ登録後自動返信メールでお届けします。
メルマガではあなたとの距離を近くして健康を向上するためのより濃い情報をお届けします。

Twitterフォロー大募集中☆
Twitterでもつぶやいています

普段疑問に思っている身体のこと、どうやって対処したらいいかなどTwitterから気軽に質問してみませんか?
理学療法士歴18年のPTグッチがお答えします。

理学療法士(PT)が教えるデスクワークの不調・体調改善のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました