便秘にはサプリメントは効かない?理学療法士が教える改善の「動き」

健康増進法
スポンサーリンク

PTグッチ
PTグッチ

PTグッチです。便秘とサプリメントとの関係についてお話しますね。

便秘でサプリメントを飲んでいて、それを止めたらまた便秘になったなんてことありませんか?

実は便秘を解消するには「動き」を改善するしかないんです。

その動きとは「内臓」と「筋肉」の動きです。

確かにサプリメントを飲むことで便秘が改善するという例もありますが、止めてしまうとまた出なくなるという話もよく聞きます。根本的な便秘の改善にはこの動きを改善させる必要があるということが、理学療法士歴18年の経験から分かりました。

今回はその根本の動きをどのように改善すればいいか(セルフメンテナンス)についてお話していきます。

便秘の原因について

一般的な便秘の理由ですが、

  1. 腹筋の筋力(発揮)不足
  2. ホルモンバランスの乱れ(主に女性)
  3. 腸内環境の乱れ
  4. 精神的な問題
  5. 姿勢や習慣

が考えられます。

詳しくはこちらに書いてあるので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

便秘が改善すると得られる副次効果

便秘になると色々身体に良くない反応が現れてきます。

代表的なのが「ポッコリお腹」ではないでしょうか?詳しくは以下。

その他にも悪い影響は上の記事に書いていますよ。

そして便秘が解消されると以下の恩恵を受けられます。

  • ウエストが細くなる
  • むくみが軽減する(脚が細くなる)
  • 肌荒れが改善する
  • 体調が良くなる
  • 体温が上昇する(身体が温かくなる・冷え性改善)
  • 身体が軽くなる(お腹の張りがなくなって)

便秘はサプリメントで改善できない理由

確かにサプリメントを飲むことで栄養素的な効果で便秘の改善に有効な場合もあります。

しかしながら、冒頭でも書いたように飲むのを止めると途端に便秘に戻ってしまうという話しもよく聞いています。

それはなぜか。理学療法士的に考察すると「動きが足りないこと」が根本の原因であると考えられます。

「動き」が内臓や筋肉に足りないと便を排出する蠕動(ぜんどう)運動が少なくなるんですが、この動きは一度低下すると自然には改善しないんですよね。

理由は筋力の衰えや内臓の動きの低下によるものなのですが、意図的に動かそうとしないと筋力は鍛えられないから。使わない筋肉は放っておいても働きが良くなることはありません。

では、実際にどのような運動で動きを出していくのかについてお伝えします。

スポンサーリンク

PTグッチオススメの運動療法(セルフメンテナンス)

上記で便秘の根本的な原因についてお話してきました。では、どういう運動療法が便秘に対して効果的なのかについてお伝えしていきますね。

運動療法を行うポイントは

  • 内臓
  • 筋肉

です。

内臓の動かし方

オススメなのが、こちらの腸マッサージです。実際にやっていただいた人の感想はこちら。

Mさん 30代 女性

感想便秘気味で体がだるかったので寝る前に横になって、動画にあったようにお腹に手を当てて左回り右りとゆっくり数回ずつ優しくなでました。そうしたら、腸が少し動いた音がして、翌朝起きて自然とお通じがありました。お陰様で効果が出てすっきりしてとっても嬉しいです。

やり方ですが、コツとしては「押す」というよりも「なぞる」ように表面を軽く滑らせる程度でOKです。

押しすぎるとアザになったり却ってお腹が痛くなったりするので注意が必要です。
動画はこちら。

【マッサージ】便秘の人のための腸マッサージ。内臓の動きと合わせてゆっくりと行う方が効果的」

筋肉の動かし

次に筋肉の動かし方ですが、ポイントとしては筋肉が動かしやすくなるための柔軟体操を行っていきます。筋トレもありますが、まずはこの柔軟体操で骨盤~お腹周りの筋肉をほぐしましょう。

  • 骨盤周り
  • 股関節周り

やることは以下。

  • 座って股関節を開く
  • 長座位(足を伸ばして座る)で骨盤周囲を延ばす
  • 長座位(足を伸ばして座る)で太ももの裏(ハムストリングス)を伸ばしていきます
  • 立って体幹を捻る・前後屈
  • 腸マッサージ(コツはゆっくり押すというよりもなでる感じ)

という内容です。図解と動画で説明していきますね。

座って股関節を開く

長座位(足を伸ばして座る)で骨盤周囲を延ばす

長座位(足を伸ばして座る)で太ももの裏(ハムストリングス)を伸ばしていきます

スポンサーリンク
立って体幹を捻る・前後屈

どれもテレビを見ながらだったりスマホをいじり「ながら」でも行えるくらいの負荷量です。また、動画の時間は5分程度と短くなっているので手軽に運動しやすいようにしています。
動画はこちら。

【運動療法】便秘の人のための骨盤帯のストレッチと柔軟体操

【運動療法】便秘の人のための骨盤帯と股関節の柔軟体操。内臓の動きも引き出せます

スポンサーリンク

自分だけじゃ対応できない!というあなたのためのサービス展開中

こちらの記事の内容を実践するだけでも便秘を解消する方向に向けて運動療法を行っていくことは十分可能です。

しかしながら、細かな部分例えば、運動の強度や頻度などの部分についてや個別の悩みなどはテキストだけでは十分には解消できないことも現場の経験で分かっています。

そこで、こちらのサービスに参加してくれることで1回ですがメールサービスを受けています。また、メルマガではココナラではフォローできない部分のきめ細やかな対応も可能にできるサービスも展開しているので是非登録をご検討くださいね。

理学療法士が便秘を解消する運動・マッサージ教えます お腹が張って苦しかったり、ポッコリお腹を解消したい人必見!

メルマガに登録してくれた方には「肩の急激な痛み(五十肩)の改善方法と身体についての秘密」というレポートも無料でお渡ししています。

クリックしてメルマガ登録して特典を受け取る

まとめ

便秘の根本的な原因は「動き」でした。この動きを内面から起こしていくのにセルフメンテナンスが重要であることをお伝えしてきました。

今回の記事内でお伝えしていることを実践すれば自然な便通を手に入れることができるようになるかもしれません。

是非お試しください。

スポンサーリンク
健康増進法身体の知識編
physical-t.guttiをフォローする
☆このブログを書いている人☆

初めまして!経験年数18年の現役理学療法士(PT)のグッチです。

このブログではデスクワーク・在宅ワークで肩こりや腰痛などに悩んでいるあなたのために理学療法士としての視点と知識でセルフメンテナンスをして不調や体調の改善を目指していただくブログです。

詳しいプロフィールはこちらから。

分からないこと、日々の運動や不調で疑問に思っていることなどメッセージいただければお答えできる範囲でお答えします(身体のことなので必ず解消できるわけではないことをご了承くださいね)。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

メルマガでしか入手できない情報をコッソリお伝え!
今だけ限定【五十肩・四十肩の改善方法と一部の理学療法士しか知らない身体の秘密】についてのレポートをゲットしよう

下記クリックでメルマガ登録ページに飛びます。プレゼントに関してはメルマガ登録後自動返信メールでお届けします。
メルマガではあなたとの距離を近くして健康を向上するためのより濃い情報をお届けします。

Twitterフォロー大募集中☆
Twitterでもつぶやいています

普段疑問に思っている身体のこと、どうやって対処したらいいかなどTwitterから気軽に質問してみませんか?
理学療法士歴18年のPTグッチがお答えします。

理学療法士(PT)が教えるデスクワークの不調・体調改善のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました