優秀な整体師の条件と選び方を理学療法士が教えます肩書に騙されるな

改善を目指すために知っておきたい身体の知識
スポンサーリンク
PTグッチ
PTグッチ

自分でやっているということは経営がうまいかファンが付いているかです。それらのリスクを背負っている人に尊敬の念を抱いているPTグッチです。

あなたがデスクワーク・在宅ワークで身体の異変を感じた時、駆け込み寺のように緊急避難する場所ってありますか?

「美容室難民」という言葉もあるように、身体の不調時頼れる人や場所があるのは精神的にも安心できる要素です。

今回は動作のプロである僕が自分の身体を見て欲しいと思える整体師さんの条件をお伝えします。

理学療法士が考える良い整体師の選び方

健康上に不安を抱えると精神的にも落ちますよね。

辛い時にそれを解消してくれる人というのは人生においてかけがえのない存在ですよね。

僕もぎっくり腰をやった時に当時勉強会でご一緒させていただいた先生にメンテナンスを定期的に行ってもらう事で腰痛のない状態に回復したという経緯があります。

自分に合った整体師や柔道整復師の先生(はたまた開業理学療法士)を見つける時に僕自身が一定の基準を設けていますので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

良い整体師を見分けるコツ

  • 勉強を続けているか
  • 実費でやっているか
  • こちらの話をしっかり聞いてくれるか
  • 説明をしてくれるか
  • メンテナンスが重要だと教えてくれるか

です。

コツ1.勉強を続けているか

若い・年を取っているに限らず、勉強を続けている人は上手な人が多いです。

なぜなら昔常識と言われていたことでも非常識へと変貌してしまう時代です。移り行く情報の最先端を追いかけ続けている人と、そうでない人の差は開く一方。

一昔前は経験件数で判断されがちでしたが、年を取っているからと言って上手である保証はありません。もちろん長い間経営を続けてこれているのは信頼の証ですね。

今やブログやホームページだけでなくSNSも発達しているので、勉強会に出席しているとか、新しい技術を使ってみたなど投稿をしている人は判断材料となりますね。

コツ2.実費でやっているか

実費というのは保険診療をしていないということです。

つまり40分で4,000円とかの価格設定をしているところということになります(保険診療の場合は内容にもよりますが500円とかの場合も)。僕の友人も経営者なのですが実費でも結果を出す人にはファンが付きます。

実費でもお客さんが来るという事は一定の満足度を得られているからに他ならないので、判断材料としては十分だと思います。

不祥事を起こしたりや期待する結果を出せない整体師さんは淘汰されていきます。

スポンサーリンク

コツ3.こちらの話をしっかり聞いてくれるか

実は患者さんの話にはヒントがたくさんあるんです(話がとっちらからないように会話をコントロールする術も重要なスキルです)。

  • いつから痛み始めたのか
  • どこが痛いのか
  • 夜間痛や動作時など特定の状況で痛いか
  • どのように痛むのか
  • きっかけとなった動作

などなど。

豊富な知識と経験を元に触って確かめていけば、何となくどこが悪いかの判断が付くというもの。情報はあるだけ良いのでちゃんと情報を取ろうとする姿勢があるということもポイントです。

しかしながら、話に夢中になるのは施術の妨げになるのでNGですよ。質問をしてくれるのでそれに応えてリラックスして施術を受けましょう。

コツ4.説明をしてくれるか

これはとある患者さんの話ですが、「受診したのにカルテを見るだけで触ってもくれない」「どうして痛むのかを聞いているのに年だからだけで済まされる」という意見も多々聞きます。

残念ながら整形外科の医師にはこういったやげやりな仕事をする人も少なくありません。まあ彼らは診断と手術に投薬(湿布など)が主な業務で治すのは別の我々ような専門職がやっているんですけどね(それでも感謝されるのは医師なんですよね(笑))。

身体の辛さを間近で接しているのは僕たちのような専門職なので、時には専門外の質問などもされます。

仮に治らない性質のものであっても単に「年だから」で済ませるのではなく「こうすれば楽になりますよ」とか「こうやって対処してください」と伝えるだけでも患者さんは気持ちが楽になるということを僕らは知っています。

原因や症状に対してした質問にできる範囲でも答えてくれる姿勢があるかどうかは非常に重要なポイントですね。

コツ5.メンテナンスが重要だと教えてくれるか

身体は機械と違って取り外しをしたり、取り換えたりはできません。

でも、機械と同じかそれ以上にメンテナンスがとても需要です。調子が悪い時にしっかりメンテナンス(お手入れ)をすれば回復しますし、調子の良い状態を長持ちさせることができます。

同じ身体を長く使い続けていくにはお手入れ必須です。

整体師さんの所に行く場合きっと限界まで我慢して耐えてから行くことが多いと思います。でもその場合限界まで身体が痛んでいる状態ということでもあります。

「数回通ってください」って言われることがあると思いますが、それは仕方ないです(笑)

身体の今の現状をしっかり教えてくれるのは良い整体師さんの条件ですよ。

スポンサーリンク

60分揉みほぐし~円をオススメしない理由

さて、この記事を読んでいるあなたは過去にもみほぐし~円などに通われた経験がおありだと思います。

感想どうでした?(笑)

きっと身体が却って痛くなったり、揉み返しが起こったりした経験があるのではないですか?

僕の聞いた話ではとある人が揉んでもらったんですが、却って症状が酷くなったというお話。その人には下肢静脈血栓(かしじょうみゃくけっせん)があったそうなんですが、そういった基礎疾患の話や症状についてコミュニケーションを取っていなかった(もしくは知識がなかった)ということが予想されます。

あくまで個人的な見解ですが、ただ揉んで欲しい人はいいかもしれませんが、それでもマッサージを続けられれば筋肉が痛むってことが考えられるのでオススメしないんです。

理由についてはこちらの記事をどうぞ。ちょっと記事内容はズレていますが筋肉も揉みすぎるとダメという内容です。

整体を選ぶなら上記の条件を満たしている所をオススメします

  • 勉強を続けているか
  • 実費でやっているか
  • こちらの話をしっかり聞いてくれるか
  • 説明をしてくれるか
  • メンテナンスが重要だと教えてくれるか

という条件を満たしている整体を口コミで探すのは結構大変ですが、こちらのサイトでは見つけやすいですよ。

↓↓クリックして詳細を確認する↓↓



カラダファクトリー

まとめ

理学療法士が考える整体師さんを選ぶ条件に付いて書いてきました。

あなたの周りにも起業家の人いませんか?その人たちの姿勢や言動、人との接し方そういったものがしっかりしている人、勉強家な人がオススメです。

お金を正当な報酬としていただくにはそれに見合った仕事をする必要があります。独立して生業を行っていくという事はサラリーマン根性ではやっていけません。

あなたの身体の困った悩みに対して駆け込み寺のような場所を見つけるための条件をここで見つけられればいいと思います。

スポンサーリンク
改善を目指すために知っておきたい身体の知識
physical-t.guttiをフォローする
☆このブログを書いている人☆

初めまして!経験年数18年の現役理学療法士(PT)のグッチです。

このブログではデスクワーク・在宅ワークで肩こりや腰痛などに悩んでいるあなたのために理学療法士としての視点と知識でセルフメンテナンスをして不調や体調の改善を目指していただくブログです。

詳しいプロフィールはこちらから。

分からないこと、日々の運動や不調で疑問に思っていることなどメッセージいただければお答えできる範囲でお答えします(身体のことなので必ず解消できるわけではないことをご了承くださいね)。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

メルマガでしか入手できない情報をコッソリお伝え!
今だけ限定【五十肩・四十肩の改善方法と一部の理学療法士しか知らない身体の秘密】についてのレポートをゲットしよう

下記クリックでメルマガ登録ページに飛びます。プレゼントに関してはメルマガ登録後自動返信メールでお届けします。
メルマガではあなたとの距離を近くして健康を向上するためのより濃い情報をお届けします。

Twitterフォロー大募集中☆
Twitterでもつぶやいています

普段疑問に思っている身体のこと、どうやって対処したらいいかなどTwitterから気軽に質問してみませんか?
理学療法士歴18年のPTグッチがお答えします。

理学療法士(PT)が教えるデスクワークの不調・体調改善のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました